卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

世界選手権の卓球動画

世界卓球2013:松平健太vs馬琳の動画

松平健太が卓球王国中国の一角を崩しました。北京オリンピックのキンメダリストで長年中国チームを牽引してきた馬琳が日本の若手に敗れたということは世代交代がついに始まったことを表す出来事でした。

世界卓球2013:福原・岸川組、石川・吉村組、松平・若宮組 混合ダブルス1回戦

テレビ東京がyoutubeで世界卓球2013の試合を生中継した動画です。福原・岸川組、石川・吉村組、松平・若宮組の試合をノーカットで見れます。いまやチキータはレベルや国に関係なく使ってきますね。女子選手もチキータに対応できないとダブルスの試合が苦しく…

世界卓球2013:ティモボルの練習動画

世界卓球2013パリ大会でのドイツのティモボルとオフチャロフの練習動画です。ケガのよる不調が囁かれていましたが、動画を見る限り特に問題無さそうです。とにかくドライブするときの打球音がすごいですね。ヨーロッパを長く牽引してきたボルもシングルスで…

中国代表の世界卓球2013直前合宿の様子

馬龍とハオサイのフリーでの練習です。シュラガーアカデミーでの練習風景のようですね。ダイナミックなラリーに観衆からどよめきがでました。2つ目は合宿2日目の多球練習の動画です。3つ目は馬龍と許昕のドライブ対ブロックの基本練習です。内容は日本の中学…

水谷隼 vs 劉松:世界卓球2011 男子シングルス2回戦

WTTC2011 MIZUTANI Jun(JPN) vs LIU Song(ARG)水谷隼は2回戦でシェーク異質攻撃型のリュウ・ソン(劉松)に大苦戦!2セットを連続で失い、あわや2回戦敗退かと思われましたが、そこから4ゲームを連続で奪い逆転勝ちを収めました!ヒヤヒヤしましたね。古くか…

ペンホルダー対決動画:田崎俊雄vs蒋澎龍

日本男子チームが団体で銅メダルを獲得したクアラルンプール大会の台湾戦の動画です。台湾のエース蒋澎龍とカミカゼの異名を持つ田崎選手の対戦の動画を紹介します。※この時代は38ミリボール時代、弾む接着剤OKでした。田崎選手は表ソフトラバーを使用してい…

松下浩二・渋谷浩vsワルドナー・パーソン:世界卓球選手権1997 男子ダブルス準決勝

1997年の世界卓球マンチェスター大会で男子ダブルスで銅メダルを獲得した松下・渋谷組の試合の動画です。相手は世界チャンピオン経験者のワルドナー・パーソン組という強力なペアです。中国選手キラーでもあるワルドナー、パーソンはカット攻略も上手で松下…

2012世界ろう者卓球選手権大会:男子シングルス

日本で始めて開催された世界ろう者卓球選手権大会の男子シングルスのダイジェスト動画を紹介します。日本男子選手は望月選手のベスト8が最高でした。とはいえダイナミックなドライブの打ち合いも見られすばらしい内容でしたね。次はメダルが取れるかな?耳が…

世界卓球2012ドルトムント男子団体決勝:中国vsドイツ

地元ドイツが善戦するかと思われましたが、トップのボルが張継科に破れた時点で勝負ありでした。3-0で中国が完全勝利という内容でドイツに付け入る隙を与えませんでした。中国にプレッシャーを与えるチームはなかなか出てきませんね。ちなみにこの試合で出場…

世界卓球2012ドルトムント速報:男子団体準々決勝 丹羽孝希vsガオニン

シンガポールのガオニン選手を破った試合は見事の一言!第1ゲーム3-9から大逆転勝ちです。ガオニンは世界選手権でシングルスベスト16以上の実力者です。孝行3年生で世界の強豪を3-0で破ってしまうのはこれはただ事ではありません。第3ゲームのジュースを落と…

世界卓球2012速報:日本女子がドイツに快勝。予選1位通過決定!

ドルトムント大会団体戦で日本女子が予選1位通過を決めました。トップで石川が、続いて中国からの帰化選手でヨーロッパチャンピオン経験者である呉佳多に福原愛が3-0で勝利したのが大きいですね。圧巻だったのはカットマンキラーの平野早矢香の試合運びです…

世界卓球2012結果速報:中国代表の許昕(シュ・シン)が北朝鮮選手に快勝

世界卓球ドルトムントで中国式ペンドラの許昕(シュ・シン)が北朝鮮のキムソンナム選手に快勝しました。国際大会にほとんど出てこない北朝鮮選手ですが、太ももの筋肉がすごいです。筋力では日本選手よりは上ではないでしょうか?許昕(シュ・シン)はシェ…

世界卓球2012ドルトムント大会:石川佳純VSラミレス

予選リーグの初戦で黒星スタートとなった石川選手ですが、その後は勝ち続けています。まだ本調子でないのか、オーバーミスが少し多いような気がします。ヨーロッパ選手のドライブの回転量は日本選手よりも多いのでまだ対応できていないのでは?という見方も…

世界卓球2012:水谷隼vsサムソノフ

世界卓球ドルトムント大会の予選リーグ男子の日本vsベラルーシのエース対決の試合を取り上げました。サムソノフ選手はかつて世界ランキング1位だった選手です。松下浩二選手がドイツのブンデスリーガに参戦していたころは圧倒的な強さで日本選手はもちろん中…

世界卓球2012:中国代表の馬龍(マロン)と許昕(シュシン)の練習がすごい

中国代表監督のインタビューと男子選手の試合会場での練習動画です。中国語はさっぱりわかりませんが、中国選手の練習を見ているとミスの少なさに感心します。他国の選手の練習と比較するとよくわかりますが、オーバーミスが本当に少ないです。ロビングあり…

カットマンの戦い方:渋谷浩vsエリック・リンド

松下浩二のライバルであり、世界トップクラスのカットマンとして日本代表を牽引した渋谷浩の試合です。世界卓球選手権1991千葉大会でスウェーデンのリンド選手と対戦し、見事に勝利したときの映像です。リンド選手はソウルオリンピック男子シングルス銅メダ…

斉藤清vsアペルグレン:世界卓球選手権1993より

全日本選手権最多優勝(8回)の記録をもつ日本卓球界に伝説を残した斉藤清選手の世界選手権の動画です。左のペンドライブ型として熊谷商業高校時代に初のインターハイ3冠王を成し遂げ、その後も明治大学黄金時代を築き、世界選手権でもシングルスベスト8など…

伝説のシェーク前陣速攻型 王濤(ワンタオ)

王濤(ワンタオ)は福原愛選手と同じくフォアは裏ソフト、バックは表ソフトラバーを貼っていました。シェーク異質攻撃型とも呼ばれる戦型です。ただし、福原選手が変化系の表ソフトラバーを使用しているのに対して、(たしかアタック・エイトSUPER-IVERSION4…

世界卓球1997 男子団体決勝 中国 vs スウェーデン

ちょっと昔の卓球の試合です。世界卓球選手権1997年の男子団体決勝です。このころは個人戦と団体戦は同時開催でした。スウェーデンチームのメンバーはワルドナー・パーソン・カールソンで、中国は孔令輝(コンリンホイ)・劉国梁(リョウクォウリャン)・王…

馬琳vsオフチャロフ:世界卓球2010

馬琳の台上フリック強打がすさまじいですね。ペンドライブの卓球選手は必見です。トップ選手の卓球の試合をみると刺激を受けますね。身体能力がないと出来ない技も多いですけどね。たとえば、馬琳の回り込みフォアドライブは全身を使って爆発するような勢い…

柳承敏(ユスンミン)vs王励勤(ワンリチン) 世界卓球選手権2006

全盛期の柳承敏と王励勤の試合です。最強の日本式ペンホルダーと最強のシェークハンド攻撃型の対決となった試合ですが、激しい戦いとなりました。柳承敏のフットワークが凄いですね。人間離れしています!日本式ペンホルダーの完成ともいえるプレーです。も…

世界卓球選手権大阪大会 孔令輝(コンリンホイ) vs 王励勤(ワンリチン)

2001年に大阪で開かれた世界卓球選手権の試合の動画です。シドニーオリンピック金メダリストで現在中国女子代表チームを勤めている孔令輝の現役時代の動画です。懐かしいですね。赤のユニフォームが孔令輝です。体格は普通の選手ですが、前陣でのカウンター…

馬龍vs馬琳:世界卓球2011男子シングルス準々決勝

馬琳のフォアハンドのフリック強打は職人技とも言えるくらい素晴らしく、何回も馬龍のフォアサイドをノータッチで抜き去ります。しかし、馬龍はそれ以上に馬琳の逆コースをつきます。馬琳があきらめて見送るシーンも何度もありました。足がついていかなかっ…

王皓 vs 張継科:世界卓球2011男子シングルス決勝

中国人選手同士の決勝なので盛り上がりに欠けていたかと思えば、手抜き無しのガチンコ勝負でした。張継科は王皓の裏面ドライブに対して回り込んでフォアハンドのカウンタードライブで狙います。あとは細身でありながらフォアハンドの威力が王皓と互角という…

世界卓球2011 男子シングルス準決勝 馬龍(マロン)vs王皓(ワンハオ)

すごい試合ですね。馬龍のフォアのフリック強打が強烈です。そしてバックハンドはチキータのレシーブを多用しています。日本男子と中国男子ではチキータのレベルが違うという内容の松下浩二さんのコメントが朝日新聞で掲載されていましたが、たしかに馬龍の…

世界卓球2011 王皓 vs 柳承敏 ダイジェスト版

世界卓球選手権ロッテルダム大会の男子シングルス3回戦の動画です。ペンドラの星、柳承敏が復活しました。水谷隼がまともに返球できなかった王皓の裏面レシーブが柳承敏にはたいして効果がありません!裏面ドライブに対してもバックショートで何本も弾き返し…

世界卓球2011 サムソノフ vs 陳紀

世界卓球2011男子シングルスのベスト8決定戦です。序盤、サムソノフがスーパーバックハンドで陳紀からポイントを奪います。オランダの卓球ファンはサムソノフのプレーに大興奮!途中で陳紀のラバーがはがれるというアクシデントがあり陳紀はスペアラケットで…

世界卓球2011 男子シングルス優勝の選手が歓喜のあまり脱ぐ

世界卓球2011の男子シングルスで優勝したのは、準決勝でボルを破った張継科でした。張継科は、大会中に勝利した後に卓球シューズにキスをしたりとパフォーマンスをする選手ですが、優勝したときはユニフォームを破って上半身裸になるという卓球選手としては…

世界卓球2011 男子ダブルス決勝 馬龍・許昕が初優勝!

世界卓球2011の男子ダブル決勝は中国同士の対決となりました。試合を見て感じたのは、日本の卓球と中国の卓球の最大の違いは短いボールを強く打つ技術ですね。アテネオリンピック優勝ペアの馬琳と陳紀が負けました。馬琳は有終の美を飾ることが出来ませんで…

世界卓球2011 王皓 vs 柳承敏

世界卓球2011 男子シングルス4回戦の動画です。アテネオリンピックの決勝の再現となった試合です。オリンピック以降、調子を落としていた柳承敏が久しぶりにキレのあるプレーを見せました。残念ながら、最後は王皓が 柳承敏をつきはなして逆転勝利しますが、…

世界卓球2011 ティモボル vs スヴェンソン

世界卓球2011ロッテルダム大会の男子シングルスの試合の動画です。松平健太を破ったスヴェンソンがティモ・ボルに挑みます。序盤はボルと競り合いますが、徐々にボルが地力を発揮します。見た感じボルが80%くらいの力で相手に合わせているような感じです。結…

世界卓球2011 48歳の超ベテランプレイヤーが意地を見せる!

卓球は子どもからお年寄りまで楽しめる生涯スポーツと言われていますが、アスリートたちがしのぎを削る世界卓球選手権では長くても30歳前半くらいまでというのが常識でした。ところが、なんと48歳で出場している選手がいます。しかも、結構強い。その選手の…

世界卓球2011 岸川聖也/福原愛 vs メンデス/ネベス

世界卓球ロッテルダム大会の混合ダブルス1回戦の動画です。相手ペアは2人とも強力なバックハンドドライブの連打を繰り出してきますが、福原愛が男子選手の強打を確実にブロックし、岸川が台上プレーとバックハンド強打で得点を挙げます。愛ちゃんもバックハ…

世界卓球2011 馬琳がシングルス初戦を突破

優勝候補の一角である中国の馬琳の初戦の動画です。対戦相手は・・・・わかりません。試合序盤に得意のフォアドライブや裏面打法にミスがあり、いらだつ場面もありましたが、相手の攻撃はバックショートで跳ね返しています。守備とレシーブが安定している選…

サムソノフ vs ドリンクホール:世界卓球2011

水谷隼と岸川聖也はヨーロッパ最高のコーチといわれるマリオ・アミジッチの指導を受けていたのですが、彼の教え子の中にはヨーロッパのトップ選手が大勢います。そのうちの一人がサムソノフ(ベラルーシ)です。世界選手権の男子シングルスで準優勝したこと…

世界卓球2011 馬龍の直前練習

世界卓球ロッテルダム大会で男子シングルスとダブルスで優勝する可能性があるのが、馬龍です。この動画はオランダのロッテルダムの練習場で撮影された動画のようです。ダブルスパートナーの許昕と基本練習をしていますが、打球音が凄いです。カンカン響いて…

世界卓球2011 マツケン兄弟がヨーロッパの帝王ボルに挑む!

男子のトーナメントの組み合わせが明らかになりました。マツケン兄の松平賢二選手はなんと1回戦でいきなり第2シードのティモ・ボル(世界ランク2位)と激突!そして弟の松平健太選手もティモ・ボルと同じブロックに入っています。上の動画はブンデスリーガで…

女子最強のペン前陣速攻vsシェーク粒高 玄静和vs鄧亞萍

1990年代を代表する女子の卓球選手を取り上げます。女子選手最後のペン前陣速攻の玄静和と史上最強の女子選手にして粒高ラバーを使用したシェーク異質速攻型の鄧亞萍の対決です。1992年のバルセロナオリンピックの決勝と思われます。両選手の戦型は国際大会…

馬琳vs馬龍 世界卓球2011 ロッテルダム大会選考試合

約1時間に渡る激しい試合は最終セットまでもつれます。馬琳と馬龍の試合は相手の読みの裏をかくための工夫が見られます。馬龍はまだ若いにもかかわらず、北京五輪を制覇して馬琳と互角の戦いぶりに驚かされます。今年の世界卓球で男子チャンピオンになるのは…

福原愛vs丁寧 世界卓球選手権横浜大会団体戦より

この試合は福原愛選手が打倒中国に挑んだ試合でした。全体を通して福原選手はやわらかいタッチのつなぐバックハンドを多用していたのが印象的でした。時折、強烈なバックハンドを決めて緩急をつけて得点を重ねていました。そしてフォアハンドもストレートに…

メイスvs王皓 世界卓球選手権2005

世界選手権上海大会は中国選手が弱点を露呈した大会でしたね。ロビングは追い込まれたときにやむなく使う時間稼ぎのテクニックもしくは悪あがきといったイメージがありましたが、強烈な回転をかけたロビングは中国選手を倒す武器になると思いました。ただ、…

卓球世界選手権 横浜大会 メイスVS馬龍

2009年の卓球世界選手権横浜大会の試合の動画です。解説無しの試合動画を完全ノーカットで見れます。卓球を強くなろうとしている人や指導者には貴重な内容だと思います。

世界ジュニア選手権2010 女子決勝 石川佳純おしくも敗れる

勝てば日本人女子選手初のシングルス優勝だったのですが・・・・。試合内容もほぼ互角の内容なのになぜかストレート負けです。団体戦では勝利していた相手なのに残念ですね。短期間で徹底的に対策をしてきたのでしょう。恐るべし中国チーム。しかし、大事な…

【ニコニコ動画】【卓球】ワルドナーVSカリニッチ 1991ワルドナーファンの方は必見。そうでなくてもシェークドライブ型の人も参考になると思います。相手のカリニッチ選手は長身でしかもなぜか中国式ペンホルダー使用というミスマッチの見本ともいえる選手で…