卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

ワルドナーの卓球:フォアハンドドライブと台上処理編

元卓球世界王者のワルドナーとパーソンの練習動画です。フォアハンドドライブの打ち方のポイントがつかめると思います。

まずひじ及び肩を中心として半円を描くようにしっかりとラケットを振り上げています。そしてグリップに余分な力を入れていないのもわかります。初心者のうちは回転をかけようとして力んでしまい、かえって回転がかからないようになりがちなので注意です。リラックスを忘れないように!

次に伸び上がるように打っていますが、さらに背骨を軸に体が回転しているのも見逃せません。ただ伸び上がるだけだとスピードのない緩いドライブになってしまいます。体を水平に回転させることでスピードのあるドライブが打てます。


腕力だけではなく、水平方向の回転がスピードを生み出します。また水平方向のスイングをマスターすると台上のボールをドライブで狙い打てるようになるのでより試合でポイントを取る機会が増えます。

この後パーソン選手によるツッツキと払い(フリック)の実演になりますが、ポイントは回転をかけようとして手首に力を入れないことでしょう。初心者が勘違いしやすい所ですが、手首中心の打法は不安定で回転もかからないボールになりがちです。

あと手首と前腕をリラックスしてからボールに顔を近づけるのもポイントです。ツッツキは小さくバックスイングをとり勢いをつけてラケットに乗せて素早く押し出す感じです。短く止める時はバウンド直後にボールの底に素早くラケットを差し出す感じで打つというより触るイメージです。

払いは右ひじを前に出してラケットを吊り下げるイメージでラケットへッドを回転させながら弾く感じで打つといいと思います。

最後のスピード接着剤を塗っているシーンがありますが、現在では禁止されている行為ので真似をしないようにしてください。

広告を非表示にする