卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

世界卓球2011 男子ダブルス決勝 馬龍・許昕が初優勝!

スポンサーリンク

世界卓球2011の男子ダブル決勝は中国同士の対決となりました。

試合を見て感じたのは、日本の卓球と中国の卓球の最大の違いは短いボールを強く打つ技術ですね。アテネオリンピック優勝ペアの馬琳と陳紀が負けました。馬琳は有終の美を飾ることが出来ませんでした。



World Table Tennis Championships Rotterdam, NED. Men's Doubles Final

短い下回転のボールに対して日本選手はツッツキで返す場合が多いのですが、中国選手はフリックレシーブやドライブ強打で攻めることが出来ます。しかも、ほぼ確実に入れることが出来ます。日本選手だと入る確率が50%くらいになってしまうので、この差は大きいですね。またストレートにフェイクモーションを入れながらいとも簡単にレシーブしてます。複雑な回転の入ったボールを自由自在に操るテクニックは、他国より抜きんでています。

そして、フォアドライブの威力です。粘着性ラバーは回転はかかりますが、反発力がないのでスピードを出すのは相当のパワーが必要です。それにも関わらずこれだけの打球スピード!いったいどれだけの筋力があるのか数値を知りたいです・・・。

日本選手が中国選手に勝つには、技術の向上だけでなく筋力も相当アップしないと勝ち目はないですね。