卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

世界卓球2011 男子シングルス準決勝 馬龍(マロン)vs王皓(ワンハオ)

スポンサーリンク

すごい試合ですね。馬龍のフォアのフリック強打が強烈です。そしてバックハンドはチキータのレシーブを多用しています。日本男子と中国男子ではチキータのレベルが違うという内容の松下浩二さんのコメントが朝日新聞で掲載されていましたが、たしかに馬龍のチキータは打ちにくそうです。


世界卓球2011の傾向としてチキータが普及したためにサーバー側が不利になって3球目攻撃の得点が難しくなったようです。たしかに水谷・岸川ペアを破った韓国の若手ペアもチキータを多用してそこから攻撃に結びつける得点パターンが多かったという情報がありました。


世界レベルでもチキータが通用するのならば、日本国内でもチキータをマスターすれば地方の大会だとそれだけで決定打になるかもしれませんね。

そしてフォアハンドドライブの威力が日本男子とは違いますね。素人目に見てもスピード・パワー・変化のいずれをとってもまだまだ差があります。

試合途中で虫が飛び回って中断するアクシデントもありましたが、流れは変わらず王皓が勝利しました。

やはり裏面でのフリックレシーブの変化はすごいのでしょうね。チームメイトの馬龍でさえ連続でミスする場面がありました。う~ん一度受けてみたい。