卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

伝説のシェーク前陣速攻型 王濤(ワンタオ)

スポンサーリンク

王濤(ワンタオ)は福原愛選手と同じくフォアは裏ソフト、バックは表ソフトラバーを貼っていました。シェーク異質攻撃型とも呼ばれる戦型です。ただし、福原選手が変化系の表ソフトラバーを使用しているのに対して、(たしかアタック・エイトSUPER-IVERSION41°)に対して、王濤(ワンタオ)はスピード系の表ソフトという違いがあります。表ソフトはたしかTSPのスペクトルを使用していたような・・・・。違ったらコメントお願いします。

とにかくすさまじいテンポでうちまくります。昔の卓球選手の方が現在の選手より強いのではないかと錯覚するほどです。フォアはシュートドライブによるカウンターあり、スマッシュあり、バックはカウンター強打を連続で決めてきます。バックの表ソフトでのブロックはナックル・サイドスピン・トップスピンなど様々な回転を加えて返球するので七色の変化ブロックと呼ばれたそうです。攻撃してもよし、守ってもよしという完璧なスタイルです。


おまけに対攻撃だけでなく、対カットにも強く、日本の松下浩二・渋谷浩の天敵の一人でした。動画を見ましたが、ワルドナー、キムテクス、パーソン、ガシアン、ロスコフという世界の強豪たちとの激戦はすごいですね。昔、卓球レポートを読んで、試合内容を想像していた世代の卓球ファンは必見です。これほどの高画質での王濤(ワンタオ)の試合は滅多にないです。

余談ですが、福原愛が参考にすべき選手はこの王濤(ワンタオ)だと断言します!彼と同じくらいのレベルに到達すればロンドンオリンピックで金メダルなど朝飯前です。(笑)