読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

丹羽孝希 vs 町飛鳥:高校総体2011 男子シングルス決勝

スポンサーリンク

卓球のインターハイ決勝の動画です。高校生といえども彼らは全日本一般の部でもベスト8を狙えるくらいの実力者です。

とくに丹羽孝希は全日本のエース水谷隼に続く天才卓球選手として注目されています。第1回ユース五輪夏季大会でシングルスと団体で優勝を成し遂げた期待の若手です。

試合は2ゲームを町飛鳥が先取しました。体格が中学生の頃よりもがっしりとしてきてパワーもついてきていますね。実力のある若手がどんどん登場してきてるので日本卓球界の将来が楽しみですね。

レシーブはチキータと呼ばれる台上バックドライブを多用する傾向にあります。昔は、台からオーバーするサーブはドライブで狙い打てでしたが、今では短いレシーブは台上バックドライブで狙い撃てという時代になってきています。超攻撃的なレシーブが最新の卓球ですね。もはやおじさん世代の卓球では手も足も出ないですね。

あとはバックドライブだけでなくカウンタードライブも常識となっています。昔はオールフォアの卓球が常識でバックドライブを使うと指導者に怒られるという時代がありましたが、卓球のスタイルもここ数年で大きく変わりました。

試合の展開は第3ゲームから丹羽が逆襲してなんと4ゲームを連取!インターハイ男子シングルス2連覇を達成しました。試合後の丹羽と町がお互いの健闘をたたえ合う姿が印象的ですね。青森山田のチームメイト同士とはいえ、試合後に勝ち負けに関係なく笑顔が出るのは素晴らしいです。

丹羽は来年、ロンドンオリンピックに団体メンバーとして出場するのが濃厚で今年が最後のインターハイのようです。シングルス3連覇の大記録の可能性が高いだけにもったいないですが、彼の目標は世界だから当然の選択か・・・。

彼らは高校を卒業した後、海外のプロリーグに挑戦するのでしょうかね?残念ながら日本の大学に進学して世界レベルに到達した選手はほとんどいません。やはり中国に勝つには高校卒業後は海外のプロリーグに参戦しないと勝てないようです。日本にもプロリーグができればいいのですが・・・。