卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

全日本卓球選手権2014 男子決勝 水谷隼vs町飛鳥

スポンサーリンク

丹羽、松平、岸川が敗れる中で圧倒的な強さで勝ち上がってきた水谷とノーシードから勝ち上がってきた町の青森山田の先輩後輩の対決となりました。

町は元王者の吉田海偉、カットの塩野を打ち破るなど今大会絶好調でした。チキータからのフォア、バックの連続攻撃を得意としています。

第1ゲームは序盤は水谷がリードしますが、町が追いつき接戦となりますが、最後はサービスからの3球目ミドル攻撃で第1ゲームを奪います。やはりサービスが他の選手よりもずば抜けているのが水谷の良さですね。

その後、第2、3ゲームは水谷が圧倒してこのままストレート勝ちかと思われましたが、第4ゲームで積極的な攻撃で押しまくり1ゲームを奪い返します。

ここで流れが変わりそうでしたが、第5ゲームは中盤から水谷が連続ポイントで突き放し3年ぶりの優勝を決めました。

第1ゲームでもし町が勝利していたらもっともつれたかもしれません。水谷が今大会優勝できたのは専属コーチを雇ったこととロシアリーグの参戦、この2つが要因だと思います。


専属コーチがバックの強化とロシアリーグでの経験がメンタルの強化につながっていると思います。

決勝で町選手が水谷のバックハンドに対して凡ミスしたかのような場面がありましたが、回転に変化をつけてミスを誘っていました。水谷が進化していることが分かりますね。


今大会は実業団の選手がベスト8以上に上がれませんでした。これはかつて見たことがない現象です。世代交代が一気に進んだ印象があります。

その中で吉田海偉の準決勝進出はペンドラの希望を持たせる内容でした。まだまだがんばってほしいですね!