卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

世界卓球2017 結果速報 丹羽と張本はベスト8で惜しくも敗れる!動画はこちら

世界卓球2017の男子シングルスの準々決勝です。丹羽と張本は中国の世界ランク2位と3位の選手と対戦しましたが、惜しくもメダルはなりませんでした。

 

中国選手の癖のあるドライブや強烈なチキータレシーブが厄介ですね。日本選手とは回転の質や威力に差があります。普段から中国選手のボールを打てればもっと差が縮まりそうですが・・・。

 

それでは丹羽選手の試合を動画で見てみましょう!対戦相手は優勝候補の一人で中国の次期エースといわれている樊振東です。身体能力、技術力ともに中国選手の中でもずば抜けています。リオ金メダリストの馬龍とほぼ互角の実力と思われます。

世界卓球2017 男子シングルス準々決勝の動画

樊振東(中国) 9、7、9、ー8、6 丹羽孝希

第1ゲーム9-9の場面がすべてでした。丹羽が得意のサーブから速攻に結び付けたい場面で樊振東の強烈なチキータレシーブで2本連続で決められます。

 

得意のサービスを完全に封じられた丹羽は攻めるパターンを失ってしまいました。バックサービス中心で対応しますが、やはり本来のプレーができなくなった丹羽は苦しい展開。スコア的には競りますが、要所でチキータレシーブを決められます。

 

丹羽は多彩なテクニックとカウンターで見せ場を作りますが、樊振東のチキータを完全に封じることはできませんでした。カウンターが決まれば樊振東からラリーで得点できたので、やはりチキータ対策ですね。それができれば中国とも互角に戦えそうです。

世界卓球2017 男子シングルス準々決勝の動画

許シン(中国) 9、ー6、6、8、4 張本智和

 今大会、福原愛の記録を超える史上最年少でベスト8を決めた張本選手は許シンから第2ゲームを奪い、もしかしたら・・・と思わせました。

 

張本のサーブやフリックレシーブ、強烈なドライブ攻撃は十分通用しました。一時は許シンがサービスミスをするほどのプレッシャーを与えました。あと1ゲーム奪っていたらさらにプレッシャーを与えていたでしょう。

 

ただ、中国選手独特の回転のドライブに対応するには経験と時間が足りませんでした。相手のドライブに対するカウンターやブロックにオーバーミスやネットミスが目立ったのは初めて経験する回転だったためです。

 

あとは中国選手の本気モードのオーラに押されて思い切ってプレーすることができなかったようですね。こればかりは仕方がないです。

 

第5ゲームは突き放されましたが、第1、第4ゲームは十分チャンスがありました。この敗北は間違いなく張本選手を強くするでしょう。

 

来年の世界大会の団体ではレギュラーメンバーは確実視されています。東京オリンピックまでにどこまで伸びるか予測できません。非常に楽しみな選手ですね。

 

これで男子ベスト4は中国選手3人、韓国選手1人となりました。日本選手は女子ダブルスの伊藤・早田ペアを残すのみです。

広告を非表示にする