卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

中国式ペンホルダーのフォアとバックの切り替え:裏面打法もあり

スポンサーリンク

中国代表の馬淋(マリン)と閻森(ヤンセン)のフォアとバックの切り替えです。ともに中国式ペンドライブ型で裏面打法とバックショートを使い分けるタイプの選手です。


動画の2番目に出てくるのが閻森(ヤンセン)です。彼は日本の実業団でプレイしたこともある選手で、ダブルスでは王励勤(ワンリチン)と組んでダブルスで世界チャンピオンにもなっているダブルスの名手です。

彼らはいわゆる裏面打法の第2世代型の選手たちです。このあとバックは全て裏面打法で返球する王皓(ワンハオ)がでてきます。

初代の劉国梁(リュウ・グォリャン)は表ソフト速攻型のバックハンドの攻撃力を補うために裏面打法をしようしていましたが、決め技で使うというよりはフォアハンドの強打に結びつけるためのつなぐための打法でした。

それが王皓(ワンハオ)の世代ではシェークハンドのバックドライブを超える威力を持つようになり裏面打法も格段に進歩しましたね。

日本ではペンホルダー選手が減少の一途をたどるのに対して中国では世界で優勝するレベルまでペンホルダーの技術が進化したのを見るといかに日本が後れを取っているかがよく分かります。





さて前置きが長くなりました。

ペンのフォアとバックの切り替えのポイントはひじの位置があまり変わらないという点です。日本ではペンのバックショートは後ろから前に押す打法しか教えらなかったために切り替えの速度が遅くなりシェークハンドにラリーで対抗できなくなるという欠陥がありました。

しかし、中国の卓球はオールコート(全面)でのラリーを意識しているので切り替えを重視した打法になっています。

具体的にはバックのショートはラケットを横にスライドさせて打つイメージです。

裏面打法はシェークハンドのバックドライブのようなうち方になります。押す打法とこする打法の2種類があり、状況によって使い分けます。

裏面打法はラケットが重くなるという欠点がありますが、守備範囲が広くなり、バックハンドでも強力なドライブが打てるようになるので得点力が上がります。

一般の卓球愛好家もペンホルダーの選手は裏面打法にチャンレンジしてみる価値はあると思います。とっくにバックハンドの攻撃力やフットワーク不足に悩んでいる選手にはおすすめです。