卓球動画まとめブログ

卓球動画やラバーやラケットなどの卓球グッズなどの情報をまとめたブログです。

オフチャロフvsマテネ:DHSヨーロッパカップ2014より

ヨーロッパを代表するシェークドライブ型の対決です。卓球台が小さく見えるほど2人とも長身の選手です。2人とも強烈なバックハンドドライブを打てるのが特徴です。台から離れても中陣からのバックドライブで盛り返せるのところはさすが世界トップの卓球選手…

カットマンとドライブマンの激しいラリー:塩野真人vs馬龍カタールオープン2014より

日本代表の塩野選手と中国の馬龍のカタールオープン戦のハイライト動画です。カットマンはやはり攻撃力が重要ですね。塩野選手の積極的なフォアハンドドライブの攻撃が光りました。フォアサイドへの攻撃が効果的でしたね。馬龍が対応できずにミスする場面が…

チキータと台上ドライブの打ち方の違い

チキータと台上ドライブの違いについて チキータは横回転をかける打法に対して台上ドライブはトップスピンをかける打法です。ボールの軌道もチキータは曲がるのに対して、台上ドライブはバウンドしてから伸びます。 意外なのは世界トップクラスの卓球選手は…

卓球ペン表ソフト速攻型の4つの戦術

ペン表ソフト速攻型の戦術まとめ対シェーク攻撃型ショートサービスからの相手のミドルやフォア側への3球目攻撃が効果的です。このときドライブ攻撃よりも角度打ちのほうがよいです。理由はシェークドライブ型が主流なので角度打ちに対応できない選手が多いか…

ペン粒高の対下回転のプッシュ&ブロックのコンビネーション練習

Nittaku契約コーチの渡辺貴史さんのペン粒高の妙技をご覧下さい。 卓球王国でラージボールのテクニックを連載中の渡辺コーチですが、粒高の扱いもうまいですね。下回転のボールに対しては早い打球点で押し出すようにしてプッシュ、強打に対してはラケットを…

水谷隼のチームメイト『シバエフ』がヨーロッパチャンピオンズリーグで試合中に卓球台を破壊

水谷隼の公式ブログで紹介された動画です。水谷選手が所属しているロシアチームとフランスチームの団体戦で事件(?)が起こりました!試合中にドライブが入らずにいらついてしばえ不選手が卓球台を持ち上げて一部破壊してしまいました~。シバエフ選手は結…

全日本卓球選手権2014 男子決勝 水谷隼vs町飛鳥

丹羽、松平、岸川が敗れる中で圧倒的な強さで勝ち上がってきた水谷とノーシードから勝ち上がってきた町の青森山田の先輩後輩の対決となりました。町は元王者の吉田海偉、カットの塩野を打ち破るなど今大会絶好調でした。チキータからのフォア、バックの連続…

全日本卓球選手権2014速報 福原愛3連覇ならず!石川が女王に返り咲き

女子シングルス準決勝森(昇陽高) 11、11、4、6 福原(ANA) 石川(全農) -8、3、5、8、12 若宮(日本生命)女子決勝石川佳純(全農)12,8,5,9 森さくら(昇陽高) 今大会最大のサプライズは高校生の森さくらの大活躍でしょう。準々決勝で振るゲームに末に…

全日本卓球選手権2014 女子シングルス準々決勝組み合わせ

一般女子シングルス準々決勝の組み合わせ福原(ANA)vs 田代(日本生命) 森(昇陽高)vs 平野(ミキハウス) 若宮(日本生命)vs 土井(中国電力)加藤杏(県立岐阜商業高)vs 石川(全農)女子のベスト8が出揃いました!福原・石川・平野のオリンピック代…

卓球全日本選手権2014速報 平野美宇がジュニア女子ベスト8進出!

ジュニア女子5回戦浜本(JOCエリートアカデミー) 7、7、9 木村(ミキハウスJSC) 平(正智深谷高) -5、5、4、8 瀬山(富田高) 加藤美(JOCエリートアカデミー)3-2 加藤杏(県立岐阜商業高) 前田(希望が丘高) 8、-6、5、8 森薗(四天王寺高) 佐藤(札…

ペン粒高のサーブとレシーブからのラリーの組み立て方

サーブからの展開 ラケットを反転させて表面、裏面自由自在にサーブを出します。とくに裏面でのサーブは返球しづらいですね。サーブからの展開がワンパターンになっている人は裏面サーブを取り入れると面白いかも? レシーブからの展開 粒高ラバーでのレシー…

全日本卓球選手権2014結果 混合ダブルスで平野早矢香が初戦敗退

1月14日の結果まとめ混合ダブルス2回戦、優勝候補の一角と見られた藤本・平野組が敗退。徳島・口田(専修大・中央大)の積極的な攻撃の前に序盤で2ゲームを落としたのが響きました。平野にとっては昨年のシングルスに続く初戦敗退です。シングルスで挽回なる…

中国卓球のレシーブ技術の凄さが分かる動画

中国選手の下回転サービスに対するストップレシーブです。 ポイントは3つあります。 1 バウンド直後をとらえて打球する。2 やや前傾姿勢3 ラケットを持っている側の足を踏み込む どれも卓球の書籍で書いてあることばかりなのでいまさらという感じですが、動…

中国の卓球選手の下回転サービスの打ち方のコツ

日本選手と中国選手では下回転サービスを出すときのラケットの出し方が大きく異なります。ワルドナーの下回転サービスもそうですが、ラケットを縦方向に出して回転を出しています。 回転をかけるのは日本のやり方のほうが向いていますが、回転の変化がわかり…

世界ジュニア卓球選手権2013団体戦のスーパープレイ集

日本チームは男女とも中国に敗れましたが、男子は中国をあと一歩まで追い詰めました!男子の村松、森園、酒井をはじめ世界各国の有望選手が集まった世界ジュニア卓球団体戦のスーパープレイ集の動画です。全体としては中国、日本、韓国を中心としたアジアが…

張一博vsシバエフ:卓球ロシアオープン2013

張一博が久しぶりに国際大会で存在感を示しました。長身から繰り出す両ハンドドライブの連打はヨーロッパの選手に十分通用します。対戦相手は最近急速に力をつけてきているロシアの新生シバエフです。今大会では塩野選手のカットを打ち抜き決勝まで上がって…

ペン表速攻型の戦型別の戦い方を動画で学ぶ

ペン表速攻の戦術をトップ選手の試合から見てみましょう。日本代表の岸川選手が高校時代のころの全国大会の動画です。対戦相手は当時青森山田のペン表の森田翔樹選手です。 森田の速攻がビシバシ決まって岸川から2ゲーム連取!これがペン表の破壊力ですね。…

強烈なループドライブの打つための5つのポイント

回転量重視のループドライブは相手のタイミングを狂わせる、時間稼ぎ、カット打ちなど様々な用途で使えます。回転をかけるポイントをまとめました。1,バックスングを取るときに右ひざ(右利きの場合)を沈めて重心を下げる。2,スイングするときに垂直方向に…

ドイツオープン2013で福原愛が準優勝!

福原選手はドイツオープンで決勝まで進出しましたが中国の文佳にストレートで敗れて惜しくも2位でした。しかし、中国の壁は厚いですね。国際的には名前の知られていない選手でも強い。この文佳もシェーク両ハンドドライブ型でラリーでの安定性と力強いドライ…

卓球の粒高ラバーの種類と特徴

粒高ラバーの特徴粒高ラバー(イボ高とも呼ばれる)は表ソフトラバーよりも細く柔らかい粒がたくさん並んでいます。このラバーの最大の特徴はボールの回転を逆にして返すことです。具体的には下回転→上回転、上回転→下回転、左横回転→右横回転・・・といった…

ペン表速攻の練習方法が詰まった動画

元青森山田高校卓球部でインターハイで活躍した森田翔樹さんのペン表の練習メソッド動画のサンプル動画を紹介します。ペン速攻のバックハンドやテンポ良いフォアハンド連打、サイドスピンショートなど全国トップレベルの技術が見られます。サーブやレシーブ…

しゃがみこみサービスの回転の変化の種類を増やすには

しゃがみ込みサービスの出し方を学べる動画です。王子サービスはかなり難しいですが、このしゃがみこみサービスなら多くの人が実行できると思います。気をつけてほしいのはひざを痛めないようにすることです。普段からスクワットなどで下半身の強化を心がけ…

粒高ラバー攻略のポイントは回転の性質を知ること

粒高ラバーは回転を逆にして返す性質を持っています。上回転は下回転に、下回転は上回転に変えてしまいます。下回転サービスを出した場合、粒高のレシーブは上回転になるので台上で伸びます。上回転サービスを出したときは、下回転で返球されるので台上で止…

第6回東アジア競技大会:卓球女子団体 日本vs中国

アジアでは日本女子はナンバー2の地位を確立しつつありますが、中国に対しては厳しいですね。今回の中国女子はエース級が出ていませんが、それでも1ゲームしか取れませんでした。カットの武楊と粒高の陳夢の前に福原、石川が沈黙。中国の壁は想像以上に高く…

東京国体卓球動画:成年男子準決勝:松平健太 vs 軽部隆介

東京での国体は松平健太を擁する東京都が2連覇を達成しました。松平健太のサービスからの速攻、バック対バックでのラリー戦の強さは際立っていますね。第68回 国民体育大会:スポーツ祭東京2013卓球競技 成年男子 準決勝 第4試合松平健太 [東京都] × 軽部隆…

バックハンドフリックのレシーブミスをなくすコツ

台上で先手をとる技術であるフリックレシーブですが、ミスが多く競り合いでは使えないという人も多いのではないでしょうか?今回紹介する動画ではネットミスが激減するフリックレシーブのコツが満載です。要点をまとめると以下の通り1 ミスが多い人はスピー…

卓球女子ワールドカップ2013準々決勝:石川佳純vs馮天薇

世界トップクラスのラリーが展開された卓球女子ワールドカップ2013準々決勝の動画です。この試合で参考になったのはミドル攻めとストレート打ちです。単純なクロスでの打ち合いではお互いミスがでません。そこでミドルやストレートへのボールを混ぜて相手を…

世界卓球2013動画男子ダブルス:中国ペアでも返球できないミラクルショット

世界卓球選手権2013の男子ダブルスの動画です。中国の馬琳が見事な台上フリックをノータッチで決めたと思いきやまさかの背面ショットでリターンされたシーンです。リーチの長いヨーロッパ選手ならではのスーパーショットですね。試合で決めたらかっこいいで…

中国選手並みに弾道の低いループドライブの打ち方

カウンターされにくい低くて深いループドライブの打ち方をまとめました。ポイント ラケットの面を45度程度にかぶせてスイングは通常のループよりも斜め前方向に振るバックスイングのときにラケットの角度を寝かせておくと、台からギリギリオーバーするボール…

対戦相手を幻惑するペンドラの裏面レシーブ

裏面打法はバック側のボールしか打てないという常識を覆すレシーブです。フォアでツッツキレシーブをすると見せかけて裏面打法でフリックレシーブというびっくり仰天のレシーブです。 裏面にラバーを張っているペンホルダーの選手はチャレンジしてみるといい…

坂本竜介の強烈バックハンドがぐっちぃ(山口隆一)を襲う

卓球知恵袋でお世話になっているぐっちぃさんと元全日本3位の坂本選手のゲーム練習です。 時折みせる強烈バックハンドはさすが元日本代表という感じです。台上プレーもうまいですね。 低い視点からの撮影なので、打球点やスイングがわかって参考になります。

上級者は知っている卓球のグリップの秘訣

卓球専門誌を読んで一流選手のフォームを真似ているのになぜかうまくならないという方、ひょっとするとグリップの力加減を間違っていないでしょうか?シェークハンドグリップの指の使い方なんて卓球専門誌でもあまり詳しく取り上げていないと思うのでこの動…

恐るべし中国卓球:小学生の多球練習がすごい

卓球が上手くなりたい!たくさん練習しているのに上達しない、試合で勝てない・・・という悪循環になっている理由は間違いなく卓球のお手本を知らないからです。専門用語でお手本のまねをすることをモデリングといいますが、できるだけレベルの高い選手の真…

新時代のペン粒高プレイヤー周昕彤の技術

久しぶりに国際大会でペン粒高のニューフェイスが登場しました。中国女子の周昕彤は変化のある粒高のバックショートに裏面打法と粒高ラバーでのフォア強打で日本選手を翻弄しました。従来のペン粒高はフォアも粒高ショートでカバーすることが多かったのです…

卓球ラバーレビュー:ヴェガアジアとヴェガヨーロッパ

ヴェガアジアは固め、ヴェガヨーロッパは柔らかめのスポンジです。重量はヴェガアジアの方が少し重いです。柔らかいスポンジが軽いのはどのラバーでも共通ですね。ヴェガアジアはテンションラバーとしてはそれほど弾まないので、威力を求めるならヴェガプロ…

ネットの横からドライブを入れる練習

世界トップクラスの選手が見せるネットの横からノーバウンドのドライブをマスターする方法を紹介します。フォア前に落ちてきたボールが打ちやすいようです。ポイントは打点を落として巻き込みながら打つことです。この練習をすることで卓球のスケールが大き…

バックハンドハーフボレー上達の3つのポイント

シェークハンドのバックハンドハーフボレーの3つのポイントをまとめました。① インパクト時のラケットの角度 ラケットヘッドの傾きは卓球台の面から約30度が理想です。これはフォアハンドでも同様です。② 打球点 バウンドの頂点前をとらえることが重要です。…

裏面打法のすすめ:裏面打法でベテラン選手が再生!?

シェークハンドの若い選手に勝てないペンホルダーのベテラン選手はいまこそ裏面打法を取り入れるべきだと思います。ベテランのペンドラ選手の中にはフットワーク衰えてバックサイドに回り込めなくなった、肩が回らなくてバックハンドが打てなくなったという…

打球点を変えるだけでツッツキの凡ミスを減らす

ツッツキは地味ですが、試合での勝敗に影響を及ぼす重要な技術です。まず、レシーブは言うまでもなく対カットマンでも必要な技術です。ツッツキを安定させることで勝率を上げることができます。方法は極めて簡単!バウンド直後をとらえることです。フォアの…

世界卓球2013:松平健太vs馬琳の動画

松平健太が卓球王国中国の一角を崩しました。北京オリンピックのキンメダリストで長年中国チームを牽引してきた馬琳が日本の若手に敗れたということは世代交代がついに始まったことを表す出来事でした。

世界卓球2013:福原・岸川組、石川・吉村組、松平・若宮組 混合ダブルス1回戦

テレビ東京がyoutubeで世界卓球2013の試合を生中継した動画です。福原・岸川組、石川・吉村組、松平・若宮組の試合をノーカットで見れます。いまやチキータはレベルや国に関係なく使ってきますね。女子選手もチキータに対応できないとダブルスの試合が苦しく…

怒り新党では紹介されなかった松下浩二の超攻撃的プレー:対リ・グンサンより

松下浩二の最高のラリーは世界選手権団体のティモボルとの試合がよく紹介されますが、私は世界卓球選手権1989の試合を最高のラリーとして推薦します。松下浩二は当時世界最強のカットマンと言われた北朝鮮のリグンサンに対してカットマンとは思えないほど打…

世界卓球2013:ティモボルの練習動画

世界卓球2013パリ大会でのドイツのティモボルとオフチャロフの練習動画です。ケガのよる不調が囁かれていましたが、動画を見る限り特に問題無さそうです。とにかくドライブするときの打球音がすごいですね。ヨーロッパを長く牽引してきたボルもシングルスで…

中国代表の世界卓球2013直前合宿の様子

馬龍とハオサイのフリーでの練習です。シュラガーアカデミーでの練習風景のようですね。ダイナミックなラリーに観衆からどよめきがでました。2つ目は合宿2日目の多球練習の動画です。3つ目は馬龍と許昕のドライブ対ブロックの基本練習です。内容は日本の中学…

卓球スーパープレイ動画:丹羽孝希のミラクルショット

やはり神童といわれるだけのことはあります。普通はノータッチで抜かれてしまうボールを難しい体勢から体を回転させながらブロックで返球しました。観客からのどよめきの声が起こりました。初めて見たときはどうやって返球したのかわからなかったですね。日…

卓球のグリップ:指の使い方でボールの威力が変わる

シェークハンドグリップの選手はぜひ知っておきたいグリップの力の入れ方です。親指、人差し指の2本を入れる方法と、残りの3本の指に力を入れる方法の2通りが主流です。 卓球がうまい人は、このどちらかに統一されているそうです。自分に合ったグリップの力…

粒高ラバーの常識を覆すタクショーさんの変幻自在のプレイ

粒高ファンタジスタのタイトルは伊達ではありません。プロコーチの新井卓将さんのプレーは今までの常識をくつがえすプレーが満載でした。シェークでの裏面打法(!?)、反転技術、フォアバックの切り替えなどおそらくここまで粒高を使いこなしている選手は日…

卓球ダブルス:丹羽・松平ペアが中国ナンバーワンペアを撃破

ワールドチームクラッシクの日本vs中国の3番ダブルスの試合で、丹羽孝希・松平健太のペアが中国のワンハオ・張継科のペアに大逆転勝ちを納めました。最終ゲーム5-10からまさかの7本連取です。いや~びっくりです。張継科も集中力に波がありますね。意外な脆…

ITTFワールドツアー韓国オープン2013:水谷隼vs許昕

水谷選手惜しくも準々決勝で許昕に敗れました。ダイナミックなラリーが随所に見られさすが水谷という印象です。フォアドライブの打ち合いも互角に近いですね。徐々に調子を取り戻しつつあるのではないでしょうか?次の世界選手権では良い状態で戦って欲しい…

水谷隼 vs 劉松:世界卓球2011 男子シングルス2回戦

WTTC2011 MIZUTANI Jun(JPN) vs LIU Song(ARG)水谷隼は2回戦でシェーク異質攻撃型のリュウ・ソン(劉松)に大苦戦!2セットを連続で失い、あわや2回戦敗退かと思われましたが、そこから4ゲームを連続で奪い逆転勝ちを収めました!ヒヤヒヤしましたね。古くか…